kodomo1.bmp

アリコのこども保険

アリコのこども保険

学資保険=子供保険と考えます。

子供の将来を考え
学資保険で効率的に資金を準備するのが目的ですね。

学資保険(こども保険)とは?

◎こどもの将来に必要な進学費/医療費に備えるための保険

学資保険(こども保険)は
子供の成長に合わせて必ず必要になる教育費などを
貯蓄するための保険。

こどもが万一ケガや病気で入院した場合に給付金が支払われるタイプ
(貯蓄+医療保障タイプ)の学資保険(子供保険)もあり。

アリコの学資積立プランは
 医療保障と学資積立が両立できる保険
ですね。

 ↓   ↓   ↓   ↓

⇒アリコ以外でも
「医療保障と学資積立が両立できる保険」というふれこみの商品は
ありますが学資の積み立ての度合いがいまいち寂しくて。。
理想としては、払い込んだお金より後に戻ってくるお金が多いこと。

↑を満たせている商品てあんまり多くないんですよ。

ソニー生命のこども保険も貯蓄率がいいんですよね。


◎ご契約者が万一の時は・・・保険料免除に。
万一、学資保険加入中にご契約者(ご両親)が亡くなられた場合
その後の保険料の払込は免除です。

学資保険に加入することで
●不幸にもご契約者(ご両親)が亡くなられた場合でも
 学資給付金は支払われる
万が一のことがあっても教育費を準備することができる

↑がメリットですね。

こども保険とは? A

こども保険とは何ぞや?

一般的に両親のどちらかを契約者兼被保険者に
子供を被保険者にして加入するシステムです。
(おじいちゃん、おばあちゃんが契約できる場合もあり)

このこども保険のように被保険者が二人以上いる保険を
「連生保険」といいます。

こども保険はほかの保険と違い
契約者である親の死亡も関係するため
親と子供の両方の告知が必要です

保障内容は商品によって違ってきます。
一般的にこども保険に共通した特長は以下の通り。

@子供の入園入学のタイミングにあわせ
 満額保険金やお祝い金(学資金)が支払われる。

A保険期間中に契約者である親が死亡した場合
 以後の保険料が免除。


B保険期間中に子供が死亡した場合
 死亡保険金が支払われる。

ほかには
・子どもが入院したり手術したりしたときに給付金が出たり
・親が死亡した場合には育英年金が支払いされる
上記のようなタイプのものもあります。

子供保険
は教育資金作りを目的にするために
学資保険」などの名称で販売されるケースが多い。

「学資保険」という名前でも貯蓄性が十分でない商品もあります。
注意が必要ですね。

払込保険料よりも受取金総額が少ない元本割れした
子供保険」「学資保険」もある
ので
よく調べた上で加入したほうがいいですよ。
(保険だから元本割れするのは当然ですよ、なんて言ってくる
保険会社は避けたほうがいいですね)

貯蓄性が比較的高い子供保険には
以下のような特徴があります。

@子供が死亡したときの死亡給付金が
 それまでに払い込んだ保険料相当額に抑えられている。

A入院特約や育英年金といった保障がない。

貯蓄性が高いということは保険会社にとって利益薄ですから
↑のようになってしまいます。

上記@はたしかによく見るケースです。

こども保険とは?

こども保険とは何ぞや?

こども保険学資保険と言うこともあります。

・一定の保険料を払い込み
・一定時期に祝金や満期保険金を受け取れ

そしてそれが教育資金の足しになる保険


最大の特長は
保険という形で教育資金の準備ができる

・親に万一のことがあった場合
 契約した額の給付金が保障されていること

上記の2点です。

こどもが誕生すると成長が楽しみです。

・半面、将来の教育費についての心配も生まれてきたり。

こども保険
個々の家庭の事情に合わせた教育資金作りの手段の1つとなります。

・「将来に備えた教育資金作り」

・「契約者である親が万一の場合でも教育費の一部が残せる」

という2つのポイントが同時にカバーできる保険。

教育費に関する親の最大の心配は・・・・
「自分に万一のことがあったら…」ですよね。

こども保険
契約者である親に万一のことがあった場合

・以後の保険料が免除され
・祝金や満期保険金が満額支払われる

↑のような特長をもちます。
co_ph.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。